本来小学高学年の子供は遊び盛りで、友達と一緒に遊びたいという気持ちを抱えている子供が多いです。そういった子供が中学受験を受けるとなると、気持ち的に前向きになれないこともあるということを親は理解した方が良いでしょう。誰が為の中学受験ということを考えれば、必ずしも中学受験を受けるのが正しいという訳ではないということが分かるはずです。あくまでも子供の気持ちを考えた上で中学受験を受けるどうかを決めた方が良いでしょう。

たとえば、偏差値が50しかないのに、60の学校に行かせるのは相当難しいことです。学力はそう簡単にアップはしないものです。それでも知らない内に60の学校に行かないといけないと子供が思うと、大きなストレスになります。中学受験で合格をすることは非常に重要なのは間違いありませんが、今後の人生で勉強が嫌いになってしまっては元も子もないです。

父親は子供と接する時間が母親よりも短い分、中々状況を理解できないという事も多いでしょう。しかし、だからこそ子供の様子がおかしいと思えることも気付けるはずです。父親の役目はちゃんとあるものです。母親に任せっきりになり、子供の状況が悪くなってから対応しようとしても遅いです。子供との時間がある時には、しっかり状況を確認し、相談にのってあげられるようにすべきです。

Comments closed.