子供に勉強をしなさいと言う親は決して少なくはありませんが、あまり効果がないのは実証済みです。中学受験の時にもこれは当てはまることで、勉強をしなさいと言っても効果がないと親は理解すべきです。そもそもやりたくもない勉強をして、しっかり学力アップができるのかと考えると疑問符が付くのは多くの方が分かることのはずです。あくまでも子供が自発的に勉強をしないことには、学力アップはしないものです。

親が中学受験の時にしないといけないことは、いかにして子供に自発的に勉強をしてもらえるか考えて実践することです。その上で大事になるのが、子供の気持ちを考えた上で勉強の大切さを伝えることでしょう。将来の為になる大事なことだと子供が理解をすれば、自発的に勉強をするようになっていきます。子供が自分で勉強をするようになれば、親はそっと見守るだけで問題ありません。

しかし、この部分が一番難しい部分で、親の行動一つによってプラスにもマイナスにもなります。中学受験で勉強が嫌いになってしまうと、今後の人生で大きなマイナスになってしまうのは想像に難しくありません。父親も母親と一緒になって子供と接してあげることが重要になってきます。

Comments closed.