普段子供とどのように接しているかによって、中学受験時の接し方も変わります。たとえば、普段はあまり子供と接することがないのに、中学受験になった途端に優しく接すると、子供は嫌がることもあります。逆に普段は接することが多いのに、邪魔をしないでおこうと思って距離を置こうとするのが嫌な子供もいます。子供対する接し方は、中学受験に合格する為に考えないといけないことです。

小学生高学年は気難しい年齢であることを親は理解しているでしょう。特に中学受験の時には子供は大きなストレスを抱えます。模試の結果などで悪い結果となると気持ち的に落ち込む部分もあるでしょう。そういった時に親がどういった対応をするかによって、子供の勉強に対する気持ちも変わってきます。子供と接することは非常に大事なことではありますが、中学受験の時には変えないといけないこともあります。

子供が平常心で勉強に取り組めるかどうかを親は考えるべきです。母親だけでなく、父親も同様で、時には褒めることも必要でしょう。ただ、叱ることも大事になります。子供の性格や心理状況を加味した上で考えて発言をすることが大きなポイントになります。決して母親に任せっきりになるのは避けないといけません。

Comments closed.