中学受験は親子で乗り越えるもので、親子で戦わないようにしないといけません。中学受験は小学4年生からスタートさせるのが一般的で、3年間の長期的な戦いとなる為、肉体的や精神的に大きな負担となります。その負担を軽減するのは親の役割です。まだ小学生の子供が中学受験を受けるのは想像以上に大変です。子供の孤独な戦いにしてしまうと、どうしても中学受験に失敗してしまうことも多くなります。

中学受験は今後の子供の人生を大きく変えるものです。そのため、親がどれぐらい本気で子供の中学受験に向き合うことができるかがポイントになります。合格をする為に子供ができることをしないといけないのはもちろんです。しかし、これは親に関しても同様で、決して子供のことだからと思ってしまってはいけません。

また、中学受験に不合格となってしまうことも考えないといけないです。誰しもが合格できる訳ではありません。しかし、人生が終わったと思うのは大きな間違いです。中学受験は人生の中の大きな事柄であるのは間違いありませんが、あくまでも人生の一ページです。

親が子供にそのことをしっかり伝えることが大事であり、今後の人生に大きなプラスになることもあります。

Comments closed.