親が中学受験にヒートアップしすぎていることは少なくありません。親はあくまでもサポート役に徹するべきで、冷静な視点を持っていないといけないです。親がヒートアップをしすぎてしまうと、どうしても子供に対して言ってはいけないことを言ってしまうことも多くなります。代表的には、結果を出してもらわないと困るといったことです。小学4年生の時からかかる費用の相場は200万円以上となっています。そのため、途中経過でも悪いとなると、どうしてもお金のことを言ってしまいがちです。

ほかには、落ちたら後がないと決めつける発言です。中学受験の合否によって子供の人生は大きく変わるものです。しかし、中学受験に失敗をしてしまっても、人生が終わる訳ではありません。私立でも公立でもその後の学力や社会性を育てるのは子供次第と考えるべきです。

さらに、友達と比較をしてしまうのも良くありません。友達の結果が自分の子供の人生を決める訳ではありません。母親でも父親でもこういったことを言ってしまうと、どうしても子供の気持ちは後ろ向きになっていまいます。入学した途端に中学受験を頑張った意味がなくなってしまうと子供が考えると、中学受験を受けない方が良かったと思う子供もいるはずです。

Comments closed.