中学受験に向けての勉強時間が長くなることは、決して子供の成績が上がることには繋がりません。どの子供も中学受験に向けての勉強を行っているはずですが、本当に適した勉強時間なのかをしっかり考えることが大事になってきます。勉強時間を必要以上に多くしてしまうと、集中力は落ちてしまってやる気はなくなるものです。親がこの部分をしっかり考えているかは非常に重要で、気合や根性論を中学受験に持ち込むのはNGです。

漠然と親が子供が中学受験向けての勉強をさせているのであれば、子供の成績が伸びない大きな要因となっています。中学受験の勉強で大事になるのは、テストで得点がとれる勉強法であり、勉強の為の勉強は必要ありません。そして重要になるのが基礎力です。基礎力のない子供が問題演習を行うのは大きな間違いです。

基礎力をしっかりアップさせることが、中学受験合格の鍵になります。親がこのことに気が付いていれば、対応するのは難しいことではありません。父親ももちろん中学受験に向けて子供の状態を把握しておくことが大事です。母親にすべてをお任せしてしまっていると、子供の状態は把握しにくいものです。父親も積極的に中学受験に参加する気持ちを持つことが大切になります。

Comments closed.