塾に通わせて中学受験に合格させようとしている親は決して少なくありません。しかし、塾は本音では子供に関心を抱いていないことがあります。子供の偏差値が60を超えていないとなると、上位校への合格をする確率が低く、本当の意味での顧客ではないのが事実です。塾にとっての実績になるのは、中学受験で子供を何人難関校へ合格させたかです。したがって、授業も成績上位者を中心に考えられています。学習方針のアドバイスに関しても、そちらが優先となっています。

こういった点を親が知らないと、子供が中学受験に合格するのは難しいケースがあります。すべてを塾任せにしては中学受験合格という目標を達成するのは厳しいです。塾は必ずしも子供の能力を把握していないのが事実です。そのため、親が子供の能力を把握して弱点を見つけ、合わせた学習方針を決めないといけません。

塾に任せておけば良いという考え、中学受験を受けるに適していません。母親はもちろん、父親もしっかり子供の中学受験に参加することによってこの部分の対策をたてることができるようになります。中学受験は決して簡単なものではなく、親が子供のことをしっかり把握しておくことが大事で、父親の役目をきちんと果たすべきです。

Comments closed.