成績の良い子供は実は勉強時間が短いものです。単純に頭が良い悪いだけでなく、勉強の方法次第で受験の結果は大きく変わっていきます。受験の性質を理解しているかどうかによって、受験の結果は大きく変わる為、理解しないといけません。これは、母親はもちろん、父親も同様です。まず意識しないといけないことは、中学受験は絶対評価ではなく、相対評価であるということです。トップでもビリでも合格をすれば意味合いは一緒というのが中学受験です。

この考え方を大事にするとなると、ほかのライバルが解ける問題を解くということではなく、ほかのライバルが解ける問題としっかり解けるようにするのが正しいです。父親がこの部分をしっかり理解をしているのであれば、子供により効率的に勉強をさせていくことができるはずです。逆にこのことに気が付いていないとなると、ただ子供に多くの問題を解かせるということに繋がります。この方法では成績は上がる訳がありません。

必要最適減の知識を子供に学ばせることを親は意識しないといけません。中学受験の出題範囲は非常に広くなっており、すべてをカバーするのは現実的に無理なのです。子供が欠けている部分を補うことができる勉強をすることが、中学受験合格のコツと言えます。

Comments closed.